こんにちは。3月に入ってすっかり暖かくなりました。建物の中よりも、外に出た方が暖かくて気持ちが良い季節ですね。

松阪公園にはたくさんの桜の木があります。今日の通勤途中に見てみると、ちらほら花が咲き始めていました。松阪公園の桜は本当に綺麗なので、満開になったら是非見に来てくださいね。

今日はグルタミン酸についてお話します。少し前の情報番組「ZIP」で、日本食のうま味食材が世界中から注目されているとして、うま味の主成分であるグルタミン酸について放送していました。うま味とは、塩味、甘味、苦味、酸味の4つとは異なる、独立した第5の味なんだそうです。

うま味の主成分として広く知られているのが、グルタミン酸です。グルタミン酸は昆布やトマトに多く含まれているので、昆布や鰹節でとったダシにはうま味が凝縮されて、とてもおいしくなります。また、お料理に少しトマトを入れると、よりおいしくなりますよね。

一方で、グルタミン酸は私たちの体の細胞を作る主成分、タンパク質を構成するアミノ酸の1つとして、タンパク質の合成や分解、他のアミノ酸への転換、尿素の合成など体内の生理現象に重要な働きをしています。

また、脳内では神経伝達物質として、認知や記憶・学習に重要な役割を果たしています。汗をかいた時にしょっぱいもの、疲れた時に甘いものを食べたくなるなど、私たちに必要な栄養素のシグナルとしての役割を担っています。

甘味はエネルギー源、塩味はミネラルバランスと密接な関係があります。舌でそれらのうま味情報を受取り、脳に伝わる事で体内ではタンパク質を消化するための唾液・胃液・膵液などの分泌が始まります。うま味は、タンパク質の消化を促す大事なシグナルの役割も果たしているのです。

黒ニンニク「おかげさん」には、100g中約1200mgとグルタミン酸が非常に多く含まれています。
「おかげさん」が驚かれるほどおいしいのは、豊富なグルタミン酸によって、うま味を感じることができるからでしょう。毎日食べ続けられるおいしい「おかげさん」で、みなさんお元気にお過ごしくださいね!