こんにちは。いいお天気が続いていますね!ブログの更新、ご無沙汰しています。

ここでもお伝えしてありますように、この夏、事務所と自宅を移転しました。今回の移転は、期限が決まっているなかで適切な移転先を探し、かなりハードな移転作業を完了する必要がありました。そのため、休日関係なく働き詰めになり、食事も昼食はほとんど取らないなど不規則な毎日でした。そんな日々を送っているうちに身体はすっかり疲労困憊していたようで、さすがにSOSを出しました。

最初は微熱からはじまり、日増しに熱が上がり、最終的に毎日39度40度の高熱が続きました。これまでは、黒ニンニクのおかげで風邪を引くことも体調を崩すことも無かったので、初めての不調を不慣れな場所で過ごすのは本当にしんどかったです。

市販の風邪薬で対処するには限度があると思い、幾つかのクリニックに問合わせするものの、新型コロナが感染拡大している時期だっただけに発熱している初診者をどこも受け付けてくれません。もともと、かかりつけ医がいるわけではないので、最後にダメ元で電話した大きな病院が診てくれることになり、検査を受けました。

検査の結果、解熱剤を飲んで高熱を下げるしか治療法が無いとのこと。しかし、処方された薬を飲んでいても、薬の効果が切れてくると熱が上がってきてしまいます。次第に食事が取れなくなり、栄養状態がかなり悪くなっていたので、点滴を受けるために5日ほど入院しました。

入院当初は、まるで砂を噛んでいるかのように感じる食事でしたが、栄養補給のために無理にでも全部食べるようにして、24時間点滴を続けた結果、最終的に36度台後半まで熱は下がり、食事もおいしいと感じるようになりました。何よりも、熱が上がる時に起こる首筋の悪寒や痛みがなくなったので、その点はとても楽になりました。

ところが、今度はまた違う問題が起こりました。2日目に何の説明もないまま出された抗生物質を飲むようになってから、1日中激しい咳が止まらなくなったのです。咳き込んだ後は痰がからんで、それを出したらまた咳き込んで、の連続。まるで喘息のような状態です。夜中だろうがずっとそれが続くので全く眠れません。

副作用が気になって携帯で薬の情報を調べてみたところ、副作用として「咳が出る」とは書かれていませんでした。けれど、今までになかった症状が急に出だしたのはおかしいし、原因は抗生物質と考えるのが妥当です。解熱剤を長期間飲み続けるだけでも体への負担が大きいことがわかっているのに、そんな薬は飲みたくないじゃありませんか。

そこで、看護師に症状が治まっている時は無理に薬を飲みたくないことと理由を伝えました。そこでは、毎日担当の看護師が変わるのですが、話をきちんと理解してくれる人もいれば、薬の殻入れを見て飲むまでしつこく言う人もいて、同じ病院の看護師でも対応は人それぞれでした。結局、入院中は飲むしかありませんでした。

退院して抗生物質を飲むのをやめると、あれだけ激しく続いた咳はピタッと止まり、胸のあたりの違和感もスッキリなくなりました。やはり副作用だったのでしょうね。薬の副作用が出たことは今後も考慮していかなければならないと思い、改めて薬の名前で調べていたところ、重要な記事を見つけました。「併用注意の薬剤」です。

私が飲んでいた解熱剤「ロキソプロフェン」と抗生物質「レボフロキサシン」は、併用すると痙攣などの副作用を誘発する可能性があるため、「飲み合わせに注意の薬」と書かれていたのです。後日、話をした薬局の薬剤師からも、薬によって誘発された喘息の症状はアレルギー反応の1つだと聞きました。もっと副作用が強ければ、アナフィラキシー症状のように命にかかわることになっていたかもしれません。

まず、医師がそれを知らずに処方したことに驚き(後日、この医師は何のために抗生物質を出したのか忘れた、と言いました)ですし、その処方箋を見て院内の薬剤師は何も気づかなかったのか。これがもし院外処方だったら、果たしてそのまま出されたのか。

今回のことで、薬剤師は医師の指示のまま危険な飲み合わせの薬を処方してしまう危険性がある事がわかりました。その事を念頭に置いて、今後薬を飲む前には、必ずその薬の飲み合わせについても調べる必要性があると思いました。皆さんも、薬の飲み合わせにはくれぐれもご注意くださいね。

今は元気になっております!