こんにちは。

今年は、梅雨らしい梅雨という感じで、雨の日が続きますね。朝起きた時、どんよりとした空を見ると、ガッカリした気持ちになりませんか? やっぱり晴れた日の青空って気持ちが良いですよね。

青色には、集中力を高めたり、精神を安定させる効果があるそうです。仕事や勉強で疲れた時に、外に出て青空を見上げると、気持ちが落ち着くし、自然に胸を張ることで姿勢も整うので、とても良いそうです。

さて、7月15日(月・祝)の午後7時半から、NHK総合で「永遠のニシパ 松浦武四郎」というドラマが放送されます。このドラマは、松阪出身の松浦武四郎の生涯を描いた作品ということです。この名前を聞いても、何をした人物なのか全然ピンと来ない人が大半だと思います。

松浦武四郎は、素晴らしい偉業を成し遂げた人です。一言で説明するなら、あの北の大地に「北海道と名付けた人」です。松阪には、松浦武四郎記念館という立派な施設があり、毎年2月になると「武四郎まつり」が開催されています。

地元市民としては、松浦武四郎がなんで今こんなに大きく注目されるのか、不思議な感じではあったのですが、北海道と命名してから150年の記念の年にあたるのですね。

主演は、嵐の松本潤さん、ヒロインには深田恭子さん、語りに中島みゆきさん、脚本は大石静さんという、驚くような豪華な顔ぶれ。どんな内容になっているのか、とても楽しみです。このドラマを機に、若い世代も含めて、松浦武四郎という人物がもっと多くの人に知ってもらえるようになれば、嬉しいです。

皆さん、松浦武四郎記念館にも是非お越しくださいね。

※「ニシパ」とは、アイヌ語で親方、長老、旦那、紳士という意味なんですね。