こんにちは。今月の17日で、1995年の阪神・淡路大震災から20年が経ちます。
この地震では、国内史上初の震度7を観測し、関連死を含めた死者は6434人、住宅被害は約64万棟にのぼりました。

この時、松阪では震度4を観測しました。私は地震の前には目が覚める体質なので、このときも少し前に目が覚めました。初めて経験する揺れの大きさに、ベッドにしがみついたのを覚えています。ちょうど、自身が色々と転機をむかえていた時期だったので、この日のことは鮮明に記憶に残っています。

あれから20年、2011年には東日本大震災があり、また地震大国・日本の現実を突きつけられました。日本だけにとどまらず、毎年、地震や災害で多くの人が命を落とします。それは悲しい事だけれど、私たちはそれを受け入れていくしかないですよね。地球は生きていて、常に活動を続けているのだから。46億年前に誕生した地球。いくつもの奇跡が重なって現在の姿になり、私たち生物は生きている。

つい先日、国際宇宙ステーションから撮影した地球を見たとき、とっさに感じたことがありました。「ほぇ~、めっちゃキレイやん。この地球、いま争っとる連中にこそ見てほしいわ。(松阪弁の心の声)」そう、先日パリで起こった事件のことが浮かびました。

暗い宇宙に宝石のように浮かぶ青い地球。今、世界中で起こっている紛争の最中にいる人たちにこそ、この美しい地球を見てほしいと思いました。どんなに深刻であっても、人間の争いごとなんて宇宙から見たら、ちっぽけなことだね、と。

そんなちょっと格好良いことを考えながらも、まだまだ私自身は煩悩の世界にどっぷりと浸かっている訳ですが。年始のブログがこんな内容で良かったのか心配ですが、本年も健康のことを中心に続けていきますので、よろしくお願いいたします。