こんにちは。すっかり新緑の季節になってきました。
この季節、とても気持ちが良くて大好きです、が、困ったものも出てきます。そう、虫。 別に虫嫌いというほどではないのですが、やはり勘弁してほしいのは、ゴキブリ・ユスリカ・チョウバエです。

特に今の季節に困るのがユスリカ・チョウバエ。我が家の周囲には田んぼやドブ川があるので、毎年春になると大量発生します。近くにはユスリカ柱なるものが発生し、外出の際には駐車場の車に乗り込むまで息を止めて走らなければならない始末。玄関のドアを開ければ必ず何匹かが家の中に侵入するし、虫を狙って鳥たちが住みつき車が糞害に遭うしで、もう毎年キ~ッとなっていたわけです。

そんな時、頼みの綱は虫除け剤。あれって結構なお値段がするのですが、それを毎年2・3個は購入してきました。しかし、正直言って効果は無かった(泣)。やむを得ず、最終的には殺虫剤を使用し、体に悪いからと息を止めてまくのですが、それでも喉が痛くなっていました。やはり虫を殺すものは人間の体にも悪いんでしょうね。

そこで、何か自然のもので虫除けができないかと調べてみたところ、良い情報が見つかりました。なんと、虫ってレモンとかの柑橘系の匂いが嫌いなんですって。虫に匂いがわかるのか?なんて野暮なことは聞かないでくださいね。虫にもきちんと受容体があるそうですよ。

その情報をもとに自然素材の虫除け剤を作り、この春に早速試してみたところ本当に効果がありました。玄関先にまいただけですが、まいた場所だけでなく離れた窓まで効果があるようで、ユスリカが網戸に1匹もいなくなりました。もうびっくりです。

エサがなくなったからか、毎日チュンチュンとうるさいぐらいに鳴いていた鳥の声が今年は聞こえません。今年はなんか春らしさを感じないなぁと思っていたら、それだったんですね。こんなに簡単に虫除け剤ができるなら、もっとテレビとかで教えてくれても良いのに、と思ってしまいますが、きっとスポンサーがらみとかで難しいのでしょう。

ということで、せっかくなので作り方を皆さんにお教えしますね。

1.霧吹き(大きい方が使いやすいです)に水を入れる
2.水の中に、レモンのアロマオイルを20滴ほど入れる
(量は適当で良い、我が家では半分ペパーミントのオイルにしています)
3.水とオイルが混ざるように良く振って、アロマ水を作る
4.アロマ水を気になる場所にまく
(玄関先や窓など、ゴキブリ対策なら排水溝にまくと良いそうです)

このアロマ水をまくと、さわやかな良い匂いがして気分が良くなります。匂い成分が風に流されるので離れた場所にも効果があるのだと思います。そんなに長く効果が続かないので、週に1回は必ずまくようにした方が良いと思いますよ。全部100円均一で揃いますが、少し高価なオーガニックのアロマオイルもあります。是非お試しを!

今年始めたばかりですので、効果がなかったとしてもクレームはご容赦くださいね。