特殊製法で完全熟成したお腹にやさしいオーガニック黒ニンニク

黒ニンニクについて

ニンニクの歴史・証明されている成分

ニンニクの歴史

ニンニクは、紀元前3700年代のエジプトの王墓や、紀元前1300年代のツタンカーメンの墓から見つかるなど、非常に長い歴史を持ちます。ニンニクが日本に入ってきたのは、4世紀頃と言われています。

第2次世界大戦中のロシア政府が、戦場で抗生物質の代わりとしてニンニクを用いるなど、感染症の予防薬として利用されてきた歴史があり、ニンニクが持つ力は、世界的にも注目を集めています。

抗がん食品の頂点

食べ物には、体の働きを助長するような作用(生理機能)があります。つまり、食べ物に含まれる成分が、体の中で病気を予防するように働いていることを意味しています。

この「食と健康」について、アメリカの国立ガン研究所を中心とするグループが発表した、抗がん食品のピラミッド「デザイナーフーズ・プログラム」によると、約40種類の食品の中で、ニンニクが最も頂点に立つ食べ物として発表されています。

熟成された黒ニンニクには、生ニンニクよりも、健康な(錆びない)体を維持するための新規機能性成分「S-アリル L-システイン」がさらに多く含まれています。また、がん細胞やウイルスに感染した細胞など、異常な細胞を見つけると即座に攻撃してくれる、NK(ナチュラルキラー)細胞という免疫細胞を活性化する働きもあります。

 

デザイナーフーズ・プログラム※「デザイナーフーズ・プログラム」とは、ガンの予防効果があると言われる約40種類の食品を、ピラミッド方式で発表したもの

メイラード反応により黒くなる

一定の条件で生ニンニクを熟成させると、約1ヶ月で黒くなります。その途中では、ニンニクの色が徐々に変化し始め、白から褐色、さらに黒っぽくなり、最後に純黒になります。

つまり、ニンニクの中で化学反応が起きているのです。それが、「メイラード反応」と呼ばれる反応です。そのとき、ニンニクの中で、色の変化だけでなく成分の変化も起きていて、黒ニンニクに新規機能性成分を生み出します。

その成分が、健康維持・栄養補給・美容などに役立ちます。体に効果を示す機能性成分は、熟成技術・熟成期間によって異なるので、同じ黒ニンニクでもそれぞれ効果に違いがあります。

黒ニンニクおかげさん / プロポリス TEL 059-261-5800 商品に関するお問合せはお気軽に

ご注文専用ダイヤル
TEL 0120-1-96229
(イチバンクロニンニク)

PAGETOP
Copyright © 有限会社マグマグジャパン All Rights Reserved.