醗酵黒ニンニク「おかげさん」はマグマグジャパンの商標登録です

マグマグジャパンのこだわり

マグマグジャパンのこだわり

原材料となるニンニクは日本のJAS規格認証制度と同等、中国の有機認証制度「CNAS ※」の認証を受けた有機栽培ニンニクを使用しています。残留農薬検査300項目を全てクリアしたニンニクです。
分析結果はこちら

CNASとは:China National Accreditation Service for Conformity Assessment Laboratory Accreditation Certificate(中国合格評定国家認可委員会実験室認可証書)の略称です。国際標準化機構(ISO)および国際電気標準会議(IEC)が定めた試験所に関する基準(ISO/IEC 17025)の要求事項に適合しているかどうかを中国合格評定国家認可委員会が審査を行い認定される制度です。
品質マネジメントの透明性、公平性とともに技術能力の高さと信頼性を認められ認定されます。取得した検査機関では、証明書および報告書に認可マーク(CNAS)を使用することができます。国際相互承認協定(MRA)に基づく国際試験所認定協力機構(ILAC)に加入する52ケ国65機関が、「輸入国はその報告書に対して輸入国内認定試験所評価と同等の保証を与える」ことを取り決めた証拠となります。


産地(中国山東省)は黄河下流域河口の肥沃で広大な大平野で、中国有数の農業生産地です。気候や土質(半粘土質・半砂質)などの自然条件に恵まれ、ゲルマニウムが含まれるなど土壌に含まれる栄養分が豊富なため、日本国内の生産地よりも味・栄養ともに理想的なニンニクが栽培できます。

近年ブランド化している国産ニンニクですが、ニンニクの栽培は収穫後最低でも1年以上は土壌を休ませる必要があるため、日本の狭い国土では圧倒的に生産数が足りていません。

毎年繰り返し収穫するために農薬や化学肥料を使用して栽培しているのが現状です。何年間も常温で放置していても虫もカビも発生しないという、非常に危険な要素を含んでいます。

中国産の農産物に不安を抱える方がたくさんいらっしゃるのは理解しています。一方で、国産の農産物に多くの農薬や化学肥料が使用されているのも事実です。

弊社では、一般的に需要が高い国産ニンニクと中国産有機栽培ニンニク、どちらを選ぶべきかを真摯に検討しました。その結果、やはり安全性とおいしさの両面から中国産有機栽培ニンニクを選ぶことにしました。


これらのニンニクを温度・湿度を調節しながら、約1ヶ月間をかけて低温でじっくりと醗酵します。その際の微妙な調節技術は経験を積んだ熟練の職人技となります。

醗酵黒ニンニクに含まれる新規機能性成分はこの醗酵の段階で生まれるため、その含有量はメーカーによって違ってきます。また、同じ醗酵黒ニンニクでも効果の感じ方は全く違います。

ニンニクはある程度醗酵すれば黒くなりますが、黒くなったからといって成分がアミノ酸に変化しているとは限りません。




中には薬剤を使って1週間程度で醗酵しているようなメーカーもありますが、そういった醗酵黒ニンニクは成分がきちんとアミノ酸に変化していないため、効果が感じられない上に胃もたれを起こすなど、体に悪影響をあたえる場合があります。

巷で流行している炊飯ジャーで作った自己流の醗酵黒ニンニクなどは有効成分に何も保証がなく、特に気を付けた方が良いでしょう。じっくりゆっくりと、プロの職人が時間をかけて醗酵することが良い醗酵黒ニンニクをつくる秘訣です。

そして、毎日食べ続けていただくためには味がおいしいことが第一条件です。おいしく仕上げることは非常に難しく、市場に出回っている商品の中には味が悪くて食べにくいものもあります。

一度「おかげさん」を食べていただければおいしさの違いがわかります。本当においしい醗酵黒ニンニクを是非知ってください。毎日食べるだけで、健康維持・栄養補給ができて美容にも良い。簡単で嬉しいですね。

醗酵黒ニンニクおかげさん / プロポリス TEL 0598-25-5100 商品に関するお問合せはお気軽に

PAGETOP